Yama 

アシェットデセールを提供するパティシエによるデザートバーの計画です。
パティシエが店舗を開業する場合、パティスリーが一般的ですが、昨今の東京では、そこでしか味わうことができない体験を求める需要があり、ライブでデザートを楽しむことができるレストラン型のデザート店が、食通の中で注目され始めています。
主役となる大理石の大きなカウンターや、それを縁取る真鍮の金物が美しく映えるように、脇役として、荒々しいコンクリートやモルタル等の既存の仕上げを利用しています。メイン料理を主役にするための、脇役の関係性を空間で表現しています。シェフはこれを「フォアグラとジャガイモ」と呼びました。
新しいものと古いもの、美しいものと粗いもののバランスの検討を繰り返し、空間のもつ緊張感を引き出すことを試みています。
Project Name    Yama
Use   Dessert Bar
Location   Ebisu Tokyo Japan
Date   July.2019
Architect   CANOMA Shinsuke Yokoyama
Constructor   Comisen Inc.
Photographer   Takuya Yamauchi

This is a plan for a dessert bar by a patissier who provides dessert plates.
When a patissier opens a store, it is common for the store to be a patisserie. However, in recent years Tokyo has seen demand for experiences that can only be experienced at that particular location. Therefore, foodies have begun to pay attention to restaurant-style dessert shops where they can enjoy desserts in a live setting.
The patissier requested a high-class space formed by marble counters and brass decorations inside a white interior. I interpreted this as a “vessel-like space” where the desserts appear very attractive, similarly to the effect brought on by clean, beautiful dishes and elegantly decorated cutlery.
I used the existing rough concrete and mortar finish in a support role so that the large marble counters, which play the key role, and the brass borders stand out even more. This space portrays the relationship between the garnishes and the main dish that they support. The chef calls this “foie gras and potatoes.”
By repeatedly considering the balance between the old and the new and the rough and the beautiful, I attempt to enhance the ambiance of the space.
Please check our Instagram.
Yama
463
4,699
18
Published:

Yama

アシェットデセールを提供するパティシエによるデザートバーの計画です。 パティシエが店舗を開業する場合、パティスリーが一般的ですが、昨今の東京では、そこでしか味わうことができない体験を求める需要があり、ライブでデザートを楽しむことができるレストラン型のデザート店が、食通の中で注目され始めてい Read More
463
4,699
18
Published:

Creative Fields