Share
Project Views
Appreciations
643
Followers
286
Following
174
みちくさ研究所は、「みちくさ学」について研究をおこなっています。
「みちくさ」とは、目的地に着くまでに全く関係のないことに関わってしまうこと。子どもの頃、みちくさをしてよく親や先生に叱られたものですが、みちくさを通して様々な発見をしたり、出会ったり、遊んだり…。そんな経験が人間にとって重要だと思うのです。つまり、みちくさとは自発的に物事を探求しようとする根源的な行動であり、知的好奇心そのものなのです。自動車中心の、子どもたちが遊ぶことができない殺伐とした街ばかりがつくられていますが、こどもが安心してみちくさできる環境をつくることこそ、理想的なまちづくりなのではないでしょうか。このような考え方を、私たちは「みちくさ学」と勝手に名付け、みちくさ学… Read More
みちくさ研究所は、「みちくさ学」について研究をおこなっています。
「みちくさ」とは、目的地に着くまでに全く関係のないことに関わってしまうこと。子どもの頃、みちくさをしてよく親や先生に叱られたものですが、みちくさを通して様々な発見をしたり、出会ったり、遊んだり…。そんな経験が人間にとって重要だと思うのです。つまり、みちくさとは自発的に物事を探求しようとする根源的な行動であり、知的好奇心そのものなのです。自動車中心の、子どもたちが遊ぶことができない殺伐とした街ばかりがつくられていますが、こどもが安心してみちくさできる環境をつくることこそ、理想的なまちづくりなのではないでしょうか。このような考え方を、私たちは「みちくさ学」と勝手に名付け、みちくさ学に基づいた様々なモノやコトの企画・提案を行っています。大人も子どもも、みちくさをしている時のようなワクワクやドキドキを楽しめるような、それでいて社会のあり方を見つめ直すような、人間としての生き方の本質を見出すような、まあ、ようするに、仕事から逃れて遊びたいだけなような…。

みちくさ研究所所長 アサオカ ヒデアキ Read Less
Member since: