• Designed by wangzhihong.com
  • 夏の終わりに、横山良多は妻と息子を連れて実家を訪れた。
    開業医だった父とそりのあわない良多は失業中のこともあり、ひさびさの帰郷も気が重い。
    明るい姉の一家も来て、横山家には久しぶりに笑い声が響く。
    得意料理をつぎつぎにこしらえる母と、相変わらず家長としての威厳にこだわる父。
    ありふれた家族の風景だが、今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日だった…。