Add to Collection
About

About

Final project in Motion Design 2 at Art Center. Software:AE/C4D/PS/AI/AU
Published:
This motion piece is a title sequence for Slumdog Millionaire, an award-winning movie directed by Danny Boyle screened in 2008.
 
この作品は2008年に上映されたDanny Boyle監督作品「スラムドッグ・ミリオネア」のオープニングである。
Work as: Art Director, Motion Designer
Team up with: Hannah Kim, Kevin Alexander at Art Center College of Design
 
The objective of this motion piece is to create a chaotic and energetic atmosphere that a slum in India depicted in Slumdog Millionaire has with collage-style graphics and dynamic animations. All scenes metaphorically suggest key moments in the movie. Utilizing bills in India as key visual elements throughout the sequence makes all scenes unified.
 
この作品の目的は、映画内で描かれたインドのスラム街の持つ混沌かつエネルギーに満ち溢れた世界観を、コラージュとダイナミックなアニメーションを用いて表現することである。全てのシーンは映画内のキーとなるシーンを暗喩する。また、インドの紙幣を作品全体に使用することで各シーンの統一性を取っている。
 
 
Software:AE/C4D/PS/AI/AU
......................................
Process
The process shown above was a basic idea of how we develop the project. However, actual workflow was not linear; the phases and tasks were swapped, repeated or taken over when it was necessary to maximize its quality.
 
上記のプロセスは今回のプロジェクトを進行する上での基本的な流れだが、実際のワークフローは品質を最大化するために工程やタスクの入れ替え、繰り返し、引き継ぎを必要に応じて行ったため柔軟なものになった。