Add to Collection
About

About

2011 年 「北海道ガーデンショーコンペティション ”恋の庭”」 実施コンペティション 応募作品
Published:
恋の鼓動 / Pulse of love
2011 年 「北海道ガーデンショーコンペティション ”恋の庭”」 実施コンペティション 応募作品
北海道清水町の十勝千年の森にて2012 年に行われる北海道ガーデンショーのイベントとして、森の中に小庭園を作成する作家8 人の選考コンペティション。
募集テーマは「恋の庭」。
要件としてイベント終了後撤去可能なもの、森の植生に影響を与えない工作物、植栽が望まれた。
提案したのは恋を象徴する「赤い糸」と「心臓の鼓動」をモチーフに森の中を駆け巡る一本の赤い帯で庭を形成すること。この赤い帯は幅1000mm で地面に敷けばレッドカーペットのように人々を庭に誘導し、木の枝から枝に渡ればハンモックの役割も果たす。
両端から帯を辿って人々は出会い、帯が縦横無尽に木々を駆け巡ることで視線を樹木のディテールに惹きつける。
帯は植栽に使用される根巻ロールを使用することでコストを抑え、土に還る素材のためイベント終了後は千年の森の植樹作業に再利用される。
この恋の庭の思い出は千年の森の土の中に生き続けて、さらなる森の植生につながっていく。