Living Room
2482
50
1
Add to Collection
Tools Used

Tools

About

About

The Living Room 2010 Tokyo, Japan BAKOKO took part in "Tokyo Diversity", an exhibition at 3331 Arts Chiyoda highlighting the creative contributi… Read More
The Living Room 2010 Tokyo, Japan BAKOKO took part in "Tokyo Diversity", an exhibition at 3331 Arts Chiyoda highlighting the creative contributions made by Tokyo's international community. The value of a building is typically measured by floor area (price per square meter). Since usable floor space is at a premium in dense cities like Tokyo, not enough areas for living plants and vegetation are set aside within urban developments. However, plants add tremendous value to our surroundings. They filter the air we breathe; shade us during hot summer months; foster biodiversity; as well as surrounding us with lush visual beauty. Vertical walls of vegetation offer the most practical method of integrating large planted areas without sacrificing significant floor area. Moreover, walls and other vertical surfaces are ever-present in our field of vision as we walk within or around buildings. While green curtains are a familiar sight outside Japanese school buildings (such as 3331 Arts Chiyoda), this installation investigates the potential to create a very lightweight and low-cost interior green curtain that can be hung in any home, office, or public building. This is a living room in the most literal sense. These hanging plants can continue living year-round without soil. They require little maintenance except for regular spray of water. The living room is made of Spanish Moss (Tillandsia Usneoides) which belongs to the bromeliad family. It is not a moss, but actually an epiphyte - a plant that lives upon other plants; from Greek (“epi”=upon “phyte”=plant). Its natural habitat extends from South America to the Southeastern United States where it famously hangs from oak and cypress trees. Having no roots, the plant absorbs all nutrients and moisture from the air and rainwater. Spanish moss propagates both by seed and vegetatively by fragments that blow in the wind or get carried by birds as nesting material, eventually becoming entangled in tree branches. リビングルーム 2012 東京 通常、建物の価値とはその坪数・平米等の尺度で判断される。東京などの人口密度の高い都市では、できるだけ建蔽率ぎりぎりまでの大きさの建物を建てるのがあたりまえであるので、植物や菜園などの緑のスペースは2の次である。しかし、植物は私達の住環境に、とてつもない価値を与えてくれる。我々の呼吸が維持できるのも、植物のおかげである。暑い夏の間、照りつく太陽の日差しから我々を守ってくれる木陰や、多様な生物が育成できるのも植物のおかげである。言うまでもなく、我々の環境景観を美しく飾ってくれるのも、植物である。 緑の壁は、建物の最大限の面積を保ちながら、住環境に緑のスペースをもたらしてくれる。尚且つ、緑の壁は、我々が歩き回る視界を常に美しいものとしてくれる。 諸学校や3331Chiyoda Artsにも見られる緑のカーテンは、通常は野外に設置されている一方、このBAKOKOの”Living Room”インスタレーションは、住まいやオフィスや様々な公共施設の中に、気軽に設置可能なインテリアグリーンカーテンとして、人々の住空間をより豊かなものとするのを目的にデザインされた。本当の意味での”Living Room”の創造である。このグリーンカーテンは、空気を吸って育つエアープラントを使用しているので、定期的に霧吹きで水を与えるだけで、土も必要なく育つので、メインテナンスも楽なのが特徴である。 このエアープランツは、スパニッシュモス(チランジアウスネオイデス)である。「モス」という名にかかわらず、苔(コケ)ではなく、樹木や岩石に着生する着生植物である。南アメリカや北米の東南エリアのかしの木や杉の木にぶら下がって生息する。土や根を必要とせず、葉から雨や空気中の水分を吸収して育つのが特徴である。 増殖の方法は、種と風や鳥によって切断された葉の一部が、木に定着して増えていく事が可能である。 Read Less
Published: