Add to Collection
About

About

This competition entry for a new educational building on the campus of Kyaoi Gakuen University was designed in collaboration with Hikaru Hattori,… Read More
This competition entry for a new educational building on the campus of Kyaoi Gakuen University was designed in collaboration with Hikaru Hattori, Architect. The university sought proposals for a new building on part of the campus' recreation grounds. Our design response was to not to build over this existing amenity space, but to lift it to a higher level, supported by the building underneath. The site is also located adjacent to the school's sports field which currently lacks spectator seating. By sloping the roof in this direction, the proposal could provide additional value by providing seating for sports events. In addition to being a valuable leisure space, the green roof has numerous sustainable benefits. Soil and biomass help to insulate the building, reducing the level of mechanical heating and cooling. Rainwater runoff is reduced and biodiversity is fostered within the roof's trees and natural vegetation. Supporting the green roof is a grid of perforated concrete vaults. The curved form optimizes its compressive strength whilst being permeable to air and light. Similar structural strategies may be observed throughout biology - such as the intricate mineral skeletons that protect microscopic protozoa called radiolaria. Wind catching caps are placed over certain openings to draw fresh cool air and natural daylight into the interior of the building. In bays without wind catchers, artificial light is reflected and diffused by the double-curved ceiling panels. The columns supporting each vault may appear massive, but the upper-half is in fact hollow. These water-tight depressions contain enough soil to support larger species of trees and vegetation than typically possible on green roofs. The choice of a vaulted structure seemed particularly apt in light of the school's Christian affiliation and plans to build an adjacent chapel in the near future. The facade cuts cleanly through the structural grid, forming glazed arches facing onto the campus' main thoroughfare and public plaza. Two opposite corners are cut through the top intersecting arches, creating cantilevered porches to protect the building's main entrance. 共愛学園前橋国際大学4号館 ハットリヒカル建築設計事務所と共同で行われたコンペティションは、共愛学園前橋国際大学の新設キャンパス、4号館の設計デザインである。主なプログラムは、”集いの場”であるカフェテリア・ラウンジエリア、”学びの場”である語学センター・メディアセンター。集いの場と学びの場が共存した、学生達が刺激的で有意義で楽しい学生生活を過ごせるような空間のデザインを目指した。 又、アウトドアースペースと学校行事も開催できるフレキシブルで多目的に使用できるオープンスペースキャンパスをデザインした。 このプロジェクトのサイトは、現在テニスコートとして使用されているオープンスペースである。我々のデザインは、あたかもグリーンな敷地を切り取り、そのオープンスペースの下に新しい建物を埋め込み、その建物の屋上をルーフガーデンにすることによって、既存のオープンスペースを失うことなく、新しいプログラムを設置することを可能にした。屋根の一部分が地上に付いているので、建物は丘のような形状をしている。 このように、 敷地のダブル仕様化は、環境的と経済的の両方の観点から、一石二鳥のベネフィットが生まれる。又、敷地の隣は、観戦用のエリアがないスポーツフィールドなので、そのスポーツフィールドに面したルーフガーデンの一部を、レベルチェンジのあるスポーツ観戦のシーティングエリアにデザインした。 グリーンスペースが増えることにより、学生達が緑溢れる環境で学べて、レクイエーションの内容もより充実するのに加えて、グリーンルーフは沢山のサステイナブルなベネフィットがある。土壌とバイオマスは、建物の断熱・保温に役立ち、機械的な冷暖房の使用を最小限に抑えることができる。雨水はその土壌に吸収され緑の育成に使用される為、屋根上の雨水の排水が最小限に抑えられる。 そのグリーンルーフをサポートするのは、グリッド状に配置された、上部に穴の開いたコンクリートのボルトである。カーブ状のファルムの柱と天井は、構造体の圧縮を和らげる機能との他に、換気や採光・照明のリフレクションを最大限にする。このような構造体は自然界にも見られる-例えば、レイディオラリアと呼ばれる原生微生物を保護する複雑な無機物の骨組み組織に見られる。 屋上に設置されたウインドキャッチャーは、建物内部への換気・通気・採光を担っている。ウインドキャッチャーの設置されていないベイは、照明が設置され、ダブルカーブ状の天井にライトがリフレクトされ、夜間中、効率的に室内を明るくする。各々のボルトをサポートしている柱は、どっしり見えるが、半分から上部は中が空洞になっている。この空洞がプランターの役目を果たしている為、屋上に樹木の育成が可能である。 ボルト構造のストラクチャーのデザインは、キリスト教の大学である共愛学園のキャンパスを表現するのにふさわしく、又、隣に建設予定のチャペルとも調和しうる。ボルトストラクチャーを半分に切りガラスをはめたファサードは、キャンパス内での学生達のアクティビティーが垣間見られ、キャンパスのメインストリートと中庭沿いを賑やかに演出する。中庭に面している建物左端のカンタリバー(片持ち梁)のポーチは、エントランスエリアとなっていっている。 Read Less
Published:
Concrete vault structure
Environmental Concept
1F Plan
Roof Plan
Programmatic Diagram