Add to Collection
About

About

Art House Niigata prefecture, Japan 2011 (unbuilt) Held in rural Niigata every three years, the Echigo-Tsumari Art Triennial is the world's larg… Read More
Art House Niigata prefecture, Japan 2011 (unbuilt) Held in rural Niigata every three years, the Echigo-Tsumari Art Triennial is the world's largest international art festival. This art space was designed as a base for foreign artists-in-residence who will stay, work, and exhibit inside the structure. The design is inspired by the traditional rural Japanese gatehouses, of which very few still exist today. Like the gatehouse, many visitors will pass through this building. It marks the border between two cultures and the meeting point for artistic exchange. The building seasonally opens its heart to the local rural community, welcoming them to wander inside, see the artworks on display, and meet their creators. Of course, the harsh mountainous climate of Echigo-Tsumari requires special consideration, especially in regard to the region's immense snowfalls. Traditional Japanese farmhouses, such as those is Shirakago, served as models for the triangular roof form. to prevent overheating in summer, the asymmetrical facetted roof projects outward to shade the southern elevation. The exterior is clad with local sugi (cedar) wood which is preserved through a traditional charring process that turns it black. The central opening through the building serves as the core gallery space. Sliding doors can be fully opened in spring and summer, welcoming-in visitors and cool mountain breezes to mingle within. The white roof helps to reflect solar radiation. In winter, the doors remain closed, absorbing the low sunlight energy within the floor for steady warmth. The double-height central void offers exciting curatorial possibilities. The upper gallery can also be opened to the public for viewing works. When not used for exhibitions, it will be a lookout where the artists can relax gaze into the natural landscape for inspiration. The gatehouse can also host performances throughout the year. In spring and summer, the house itself becomes the backdrop for outdoor performances in the rear courtyard amphitheater. アートギャラリー&スタジオ 新潟県越後妻有、日本 新潟県の越後妻有で3年ごとに催される越後妻有アートトレンナーレは、世界中でも大規模なアートフェスティバルである。このプロジェクトは、越後妻有アートトレンナーレに出展する在日外国人のアーティストの為の、ギャラリー・アトリエ兼住居となる。 デザインは、今日残り少ないが田舎に点在する、日本の伝統的な家屋の門である。その多くの訪問者を迎え入れてきた家門のように、このアートギャラリーは、沢山の日本や海外からのビジターを迎える:日本と外国の文化が出会い交流する門となる。地元の住民達も気軽に気軽に訪れる事ができ、アーティスト達との交流もできる。 新潟県という雪深い地域の故、屋根のデザインには慎重にならなくてはならない。伝統的な日本の藁葺き屋根をヒントに、夏は日差しが室内に入らないように、又、冬は雪が自然に落ちるようにデザインをした。外壁は、杉板を使用して自然の暖かみのあるファサードとなった。 門の真ん中のスペースは、土間のようなオープンスペースとなっており、アトリエ兼ギャラリースペースの中心スペースとなる。スライディング式の窓は、夏の間はフルオープンにして、涼しい山のからの空気をビジターに届けてくれる。冬の間は閉めたままにしておき、採光によって部屋の中を暖める役割をする。 吹き抜けになっている中心のスペースは、展示スペースのコアである。2階のギャラリースペースも、展示場として公開される。アートトレンナーレの開催時期以外は、アーティスト達の憩いの場として使用され、大自然の景色を満喫しながら、作品へのインスピレーションを得ることができる。 アートギャラリーは、一年中パフォーマンスを催す事ができる。春や夏は、野外シアターとしてパファーマンスを上演する。 Read Less
Published: