Cutty Sark Pavilion
3787
147
3
Add to Collection
Tools Used

Tools

About

About

Cutty Sark Pavilion Greenwich, UK 2007 BAKOKO Director, Alastair Townsend designed and oversaw construction of the Cutty Sark Pavilion whilst wo… Read More
Cutty Sark Pavilion Greenwich, UK 2007 BAKOKO Director, Alastair Townsend designed and oversaw construction of the Cutty Sark Pavilion whilst working at Youmeheshe Architects and Designers, London. The cutting edge visitor center was built within a restricted budget and met a tight construction program of only 6 months from design to completion. The fast-track structure was the first building in the world to be designed using Bentley’s Generative Components parametric computational design software. Cutty Sark is one of the world’s most famous sailing vessels. After being decommissioned, the historic clipper ship has rested in a dry dock in the centre of historic maritime Greenwich where it served as public museum. Grimshaw Architects in association with Youmeheshe Architects and Designers were commissioned to design a cutting-edge visitor centre within and beneath the ship as part of a 27 million pound conservation programme that required closing the attraction for a complete restoration overhaul. The Cutty Sark Pavilion was built to provide an exciting and memorable temporary exhibition venue. It is dedicated to telling the story of the ship and the ambitious project underway to save her whilst she undergoes restoration and construction works. Originally, it was designed to remain on site during the Cutty Sark’s restoration and the construction of a Permanent Visitors’ Centre (taking 2-3 years). After serving its role in Greenwich, the structure will be disassembled and re-erected elsewhere; possibly serving as a remote classroom, museum, or exhibition space dedicated to telling the tale of Cutty Sark to audiences abroad. The Pavilion’s role as a public face of the ambitious restoration project became all the more important when a devastating fire ravaged the ship in the early hours of May 21st 2007. The design aim was to achieve an experience evocative of walking amongst the sails, masts, and rigging of a majestic sailing ship like Cutty Sark. Spherical steel nodes connect a hexagonal timber gridshell structure. A complex tension network of steel cables and masts give rigidity to the overall structure and prop the PVC fabric cladding with telescopic masts. Tight integration of 3DCAD information between the design team and the contractors enabled the structure to be quickly designed, modified, and built. Digital manufacturing of elements such as the CNC’d structural timber components and the digitally tailored fabric cladding were vital to delivering such an ambitious structure in a mater of months. Bentley’s Generative Components computational design software was utilized in designing the amorphous shape of this complex structure, giving an unprecedented level of global control over every element. Fairly radical adjustments to the structure’s design were possible even in the latter stages of design. This proved vital in meeting the tight program as well as reaching a cost-optimized solution. The first building of it’s kind in the world, the Cutty Sark Pavilion’s experimental nature met the client’s demand that the temporary visitor center be relevantly engaging and intriguing in order to capture the public’s interest. カティーサーク パビリオン アラステアがロンドンべースのユミヒシ(youmeheshe)で従事したプロジェクトが、カティーサーク パビリオンである。最先端のデザインと技術で建設されたビジターセンターは、限られた予算と時間内(デザインから完成まで6ヶ月間)で完成した。このプロジェクトは、ソフトウェアーのベントレー社(Bentley)のジェネレイティブコンポーネントパラメトリックコンピュタデザインソフトウェアーを使用してデザインされた世界初の建築物である。 カティーサーク号は、世界で最も有名なセイリング船である。ロンドン郊外の歴史的なグリニッチエリアに、公的な美術品として波止場に展示されて、長年人々の目を楽しませている。 政府の27億ポンドをかけた文化遺産の修復政策の一環として、グリムショウ(Grimshaw Architects)とユミヒシ(youmeheshe)の共同デザインで、カティーサーク号美術館とカティーサーク ビジターセンターパビリオンのプロジェクトは遂行された。 カティーサーク パビリオンは、エキサイティングで記憶に残る期間限定のビジーターセンターとして建設された。カティーサーク号が修復され美術館が完成するまでの期間、このパビリオンはカティーサーク号の歴史と展示品を展示し、ビジターを楽しませる役割を果たす為に建設された。2-3年の美術館の建設期間中パビリオンはオープンして、その後解体して他の場所(外国にも)に移転し、カティーサーク号に関するイベントスペースや展示場とて再利用されるデサインと構造を持つという条件の下、プロジェクトは進められた。2007年5月21日に、カティーサーク号が火災被害を被り期間と予算内建設が困難になり、パビリオンの役目はより重要になった。 デザインは、カティーサーク号の船上にあたかもいるかのような感覚を呼び起こす、セールやマストの構造と素材を元に開発された。球状のスティールのコネクターが、6角形状に配置された木材のフレームを繋げている。スティールケーブルとマストによる複雑に入り組んだ張力のネットワーク構造は、全体の構造に強度を与え、傘のような構造でできたマストは、屋根としてのPVCファーブリックを支えている。 強固なデザインチームとコントラクター間でやり取りされた3DのCADのインフォメーションによって、このパビリオンは、迅速にデザインされ、修正され、建設されることができた。CNCマシーンによりプレカットされた木材フレームとデジタルにテーラーされたファブリックのデジタルな技術を駆使しての部品を精密に完成させることが、このプロジェクトの最も重要な要素であった。緻密なこれらの作業により、この野心的な構造物を短期間で完成させることが可能になった。 ベントレー社のジェネレイティブコンポーネントパラメトリックコンピュタデザインソフトウェアーは、このような複雑な構造の建物のデザインを可能にし、予測不可能なデザイン上の問題もコントロールできる。デザインの最終段階での構造の大規模な調整も可能であった故、スケジュールと予算どうりにプロジェクトは完成した。 このソフトウェアーを使用した世界最初のプロジェクト、カティーサーク パビリオンは、クライアントの要求にも応えとても満足の仕上がりとなった。パブリックの反響もとても良く、ビジターセンターのしての役割を果たしている。 Read Less
Published: