CDS
3696
95
4
Add to Collection
About

About

CDS 2012 Tokyo, Japan Designing the Tokyo office of multinational recruitment specialists CDS was an opportunity to renew and maximize the value… Read More
CDS 2012 Tokyo, Japan Designing the Tokyo office of multinational recruitment specialists CDS was an opportunity to renew and maximize the value of their existing two-story premises. After appraising a full range of space use options, BAKOKO transformed the second floor into an efficient and modern workplace with a sleek and attractive facility for meetings and interviews below. The project was phased across the various floors of the building to mitigate disruption to the company's day-to-day operations. CDS’s globally diverse workforce challenged us to create a more collaborative work space straddling Western and Japanese office cultures. As is typical in Japan, staff work long hours at their desks, but they are highly engaged amongst their specialist teams. We challenged our client to break free of their old cubicle culture by creating greater transparency. The new openness fosters spontaneous communication and creates an important visual link from the desk to greenery outside. A diversity of relaxed work and meeting spaces creates opportunities to move and interact throughout the day. The central copy/meeting point fosters short team huddles; the generous window sofa area encourages casual meetings away from the desk, so as not to disturb working colleagues; and an attractive pantry and lounge blurs the boundary between breaks and productive meetings. A feeling of openness and “buzz” was achieved by removing the stuffy suspended acoustical tiled ceiling. Custom-made wooden lighting fixtures project light upward as well as downward, to reflect diffuse light off the exposed concrete slabs. A round central meeting room is comprised of an elegant timber frame supporting polycarbonate walls to enclose more sensitive internal meetings. On the ground floor, a steady stream of candidates typically arrive for private interviews well into the evening. Making a positive impression is not only important for candidates. CDS also sought to portray itself through a clean, modern, and stylish atmosphere. As we worked closely with top management, assessing and mediating their diverse needs and flows became a central design theme. Thirteen meeting rooms – some of which can be reconfigured into a 60-seat conferencing facility – offer a variety of meeting formats and ambiences. The rounded silver "core" is encircled by a black racing strip: a loop that transports candidates along their career journey without any dead ends. CDS オフィスリノベーション 2012 東京 東京に位置するインターナショナルな人材派遣会社のCDS社から、長年使用している2レベルのオフィススペースの改装を依頼された。現在、執務室として機能している1階を来訪者用のインタビュールーム・ミーティングルームに変更して、2階に執務室を設置するという、空間の機能を180度変更するという大胆な案を提案した。 これ迄の壁や間仕切りで囲われたオフィス空間とデスクレイアウトのあり方を見直し、チームウォークやコミュニケーションを活性化する為に、オープンなオフィススペースを推進して、このようなオープンスペースの執務室、オープンなデスクレイアウトのデザインを提案した。様々な機能の空間が一つのオープンスペースに、機能的に整然と共存している。明るく自然な空間の中で、スタッフが仕事に集中できるように、木材をふんだんに使用し、オフィス空間を和やかにしている。執務室の中心に、スタッフが気軽に短いミーティングを行えるように、カウンター式のミーティングバーを設置した。スタッフが書類を取木来た際、他のスタッフとも情報が交換できるように、脇には、コピー・プリント・FAXエリアがある。オープンスペークの中のオブジェクトである鳥かごのような木枠と半透明のポリカーボネートシート製のインターナルミーティングルームは、プライバシーを確保しながらも、閉塞感を感じさせないデザインとなっている。スタッフ達の憩いの場として新たに設置された奥のラウンジスペースは、ランチタイムにとても賑わっている。窓際のベンチソファーのスペースは、カジュアルなミーティングやランチブレイクの場として多目的に機能する。 1階は、様々な国々のスタッフが働いているインターナショナルカンパニーを象徴するように、空港やファーストクラスラウンジをイメージして、デザインされた。ランウェイを彷彿とさせる周回状の通路の中と外に13のインタビュー・ミーティングルームが配置されている。各々の部屋は、各国の都市の名前が付けられている。コアの部分のインタビュールームは、シックで落ち着いた空間でプライバシーが完全に保たれるので、インタビューがよりリラックスしてスムースに行う事ができる。会社のイベントの際には、パーティション壁で仕切られた3つのミーティングルームは、一つの大きなミーティングルームとなる。 Read Less
Published: