Add to Collection
About

About

Acacia Arboricola Synthetica Ecotourism poses a tricky dilemma: whilst tourists provide a much needed source of income for preserving endangered… Read More
Acacia Arboricola Synthetica Ecotourism poses a tricky dilemma: whilst tourists provide a much needed source of income for preserving endangered habitats, their very presence poses a threat (or at least a disturbance) to the very wildlife they seek to enjoy. This project adopts a strategy of biomimicry to deal with the problem. The branches of this synthetic tree situated in the African Savanah a organised according to a fractal branching pattern, tuned to mimic the iconic profile of the African Acacia Tree. The ultra lightweight structure blends into the landscape so as not to perturb or distract roaming wildlife. With its intricate network of trampolines, rope ladders, and tents, the treehouse・provides alternative accommodation for 21st century safarists as they spy upon game sipping from the watering hole below. Mesh trampolines span between each module of 6 branches to form the terracing floor network vertically connected by rope ladders. Starting in a large communal hall within the very heart of the tree, one ascends through the hive-like structure the interior spaces that diminish in size with each level. Tent-like PTFE-clad sleeping capsules are strung throughout the topmost tree canopy. The structure's overall integrity is derived from the tensile restraint of the cables, fabric, and mesh. A simple 6-branch fractal branching pattern generates the tree, structure and overall shape. The angle and proportion of the branches entails that they join at pin-jointed nodes. These joints are also interconnected with a network of cable tie members, creating a tensile spaceframe at each level. The structure is held very rigid whilst being lightweight. アカシア アーボリシア シンセティカ エコツアーリズムはトリッキーなジレンマを抱えている:観光客からの収益によって、絶滅の危機にさらされている部族達の生活が支えられている反面、彼らを取り巻く自然の環境が、観光産業によって破壊の危機にさらされている。このプロジェクトは、このジレンマを解決する生態学的な融和策としてデザインされた。 フラクタルの枝分かれのパターンによって組織された人工の木の枝は、アフリカンアカシヤの木を象徴している。その超軽量のストラクチャーは、大自然の景観をそこなわない。 幾層にも重ねられたトランポリン、ロープはしごやテントの構造を用いて、このツリーハウスは、21世紀のサファリ滞在用のホテルとなる - 野生動物達が、下のプールに水を飲みに訪れてくるのをこっそり見ながらの宿泊! メッシュ製のトランポリンは、6つの枝のモジュール間に結ばれた床となり、ロープはしごで下から登る。木の中心部はコミューナルホールの空間であり、蜂の巣のようなストラクチャーを通ってその上を登っていくと、内部空間は徐々に小さくなっていく。テントのようなPTFEで覆われたカプセル状の空間は寝室であり、そこは木の最も上部に位置するため、美しい夜空を楽しみながら眠りにつける。 このストラクチャーの構造は、ケーブルとファーブリックとメッシュの張力で支えられている。 簡素な6つのフラクタルに枝分かれしたパターンは、この木の構造を構成し全体的な形を形成する。中心点で各々の枝を繋ぐことによって、枝の角度とプロポーションは形成される。これらのジョイントは、ケーブルのネットワークで結ばれており、張力で形成されたスべースフレームを各階に形成する。ストラクチャーはとても強度があり、しかも超軽量である。 Read Less
Published: