Featured In
Product Design
「コエタビ」は人の声を旅させるシステム。糸電話のようなこの装置に吹き込まれた声は空間の中で反響し、旅をし始める。そこでは他の人の声とも出会い、そして音楽のように響きあう。声は、簡単にアウトプットできるその人自身である。声の旅というものは、その人自身が旅に出て様々な出会いをする、その記憶を呼び覚ます。

KOETABI is a system that sends the human voice on a journey. Once recorded into this device resembling a tin can telephone, the voice echoes around the space and begins its journey. On the way it encounters the voices of others. The voice is the simplest output of the self. The voice's journey awakens memories of real journeys and encounters.

「声」がキーであることがわかるように糸電話をモチーフに制作した。そして、声に反応して棒が震えるような映像を投影している。これによりコップ部分から声が「聞こえる」のでなく、声を「出す」ということを示している。また、音が上方に飛んでいくことを表現するために糸の先は上空に伸びている。中にはマイクがあり、そこである一定の音量を超えた声が入力された場合、サンプリングされる。サンプリングされた声は上部に設置されたスピーカー間で交互に再生されて、声が反響しているかのように聞こえる。この時、再生される声は、サンプリングされた長さに応じて4段階の反響間隔が設定されているため、音楽が作られやすくなっている。
また、コップ部分は、内部メッシュ部分の交換やマイクの調整といったメンテナンス性、パーツ交換によるコップの形状の変更といった拡張性を考慮し、簡単に着脱できるようになっている。

This piece uses a can and a piece of string as a telephone to invoke the idea of voice as the key element in the user's mind.When you speak into the can, a picture of a vibrating rod is projected in front of you. This way, you don't hear the voice entering the can so much as you "project" it. Also,
the string extends towards the sky to express your voice being thrown upward. There is a microphone set inside, which will sample the user's voice, once it exceeds a certain volume. The sampled portion is then played back on the speakers set above to make it sound as though the voice is echoing. As the sampled voice is set to play on a 4 level reverberation interval depending on the length of the sample, the user can even try making music.
The cup portion is easily removed and put back on. The mesh inside the cup is interchangeable, the microphone is adjustable, and the cups form is alterable with the change of its parts.

プロトタイプでのサンプリングの様子。
State of sampling in the prototype.

KOETABI
220
3499
14
Published:

Project Made For

KOETABI

220
3499
14
Published:

Tools

Adobe After Effects
Copyright Info

Attribution, Non-commercial, No Derivatives

Read More