SHIBUYA GRAFFITI
 


渋谷を歩いていると、敷き詰められた落書きやステッカーが目にとまる。
"若者が集まる汚い街"というイメージが現実となる。

空白を埋めるように増していく落書きは、スクランブル交差点をぶつかりながら歩く人々の姿と重なる。
住人や区は落書きを消す活動を続けてはいるが、永遠に続く鼬ごっこのように思える。
傍らでBGMのように鳴り響く駅周辺の工事音。

無機質なマテリアルによって巨大なビルが次々と建設され、渋谷のアイデンティティを置き去りに変貌しつつある気もする。
アートを語る非合法の落書きは無くなるべきだが、
"カウンターカルチャー"と"便利で綺麗な街作り"それぞれを織り交ぜた、
表参道でも秋葉原でも新宿でもない姿が渋谷らしい渋谷のように思う、そんな街に魅力を感じる。

 - SHIBUYA BLUFFITTI -
本作品は落書き溢れるストリートへ、擬似的にグラフィックを合成したものです。
描く消すの鼬ごっこを続けるのではなく、渋谷という街を魅力的に飾る合法的なアートがあれば
いままでのアイデンティティを継承した独自のカルチャーが生まれる気がします。
そんな言い訳を思いつき、アートを語り合法的に落書きをしたい自己顕示を表現した作品です。

-   April 1, 2018  -

Designed by MILTZ
FOLLOWUS ON     TWITTER     /    INSTAGRAM:001    /    INSTAGRAM:002    /    FACEBOOK





SHIBUYA GRAFFITI
202
1,693
9
Published:

SHIBUYA GRAFFITI

This project - "SHIBUYA BLUFFITI" - is an artificial composition of illustrations over the streets of Shibuya. To people who see no value in such Read More
202
1,693
9
Published:

Tools

Creative Fields