夏の交差点/Summer Intersection
Summer Intersection
 
なつ
 
夕立のあと
アスファルトはゆだって
しろいスカートの疾走感
ほら
点滅する
あお
波が
すぐそこまで来てる
 
あさ
 
目がさめると雨が
降っていたような気がする
 
誰もいない交差点
誰もいない対岸
信号機も眠るって
日記に書くのはゆううつだ
 
白線の交叉点に座って
見ていたのは交番
誰もいないくせに
ランプの赤はついている
 
思い出したけれど
きょだいヴィジョンは
なぜか
ガラスみたいに
光って
海だか空だかを映していた
 
エメラルド色の群像
 
こめかみをつたう2017年のゆうだち 波打ちぎわに白線がゆれている 幾億の音がうねる 真夏のゆうれい
ねえ ぼくたちの代弁者になりたいなら 拡声器はすてて 一直線のクラクション あらいざらしたシャツのしろみたいな 世界をよくする方法 伝言ゲームみたいに あたえてくれればいいのに 
交差点のむこう 赤くゆるやかに 走りぬけるトラック たえまなくひろがる あのざわめきの名前は
 
うみ
 
つま先にふれた
水滴が
ひかる
きみの
声は
たとえば
トビウオのとうめいなつばさが
はじめて風をうける
その
のびやかなひろがり
by anomura
http://anomura.info/1917
夏の交差点/Summer Intersection
3
55
0
Published:

夏の交差点/Summer Intersection

Summer Intersection by anomura Point0.Shibuya/Tokyo(詩の交差点)  poetry reading  http://anomura.info/1917
3
55
0
Published:

Tools

Creative Fields