why:
Pursue the best tools for human creativity.
why:
人の創造力のための、最高のツールを追求する。









Personal organizers first landed in Japan in 1985 as a notebook of convenience combining tools such as a schedule, a notebook, a pen case, and a pouch, all into one binder, which also holds a status as an ideal item for businessmen. In 1990, popularity sprung. However, with the spread of digital devices such as smartphones, the need for personal organizers plateaued. As a result, overall industry sales fell. Design Phil Co., Ltd., famous for developing the brand "Knox Brain" that originally drove the popularity of personal organizers, was also in a situation where a breakthrough plan was needed.

As various business tools are being replaced by digital devices, we questioned whether analog tools such as the personal organizer, have become unnecessary for humans today.


1985年に日本に上陸したシステム手帳は、スケジュール帳、ノート、ペンケース、ポーチなどのツールをバインダーにまとめることができる利便性に加え、ビジネスマンたちのステータスアイテムとしての側面も持ち、1990年代にブームを巻き起こしました。しかし、スマートフォンなどのデジタルデバイスの普及とともにシステム手帳のニーズは頭打ちとなり、業界全体の売上は低下。システム手帳ブームを牽引してきたブランド「ノックスブレイン」を展開する株式会社デザインフィルもまた、打開策が求められている状況にありました。

さまざまなビジネスツールがデジタルデバイスに代替されていく中、果たしてシステム手帳をはじめとするアナログツールは、もはや人間にとって不要な存在となってしまったのでしょうか。







​​​​​​​

how:
Build a brand by reinventing the system notebook.
how:
システム手帳の再発明からブランドを創出する​​​​​​​









We were in charge of the branding and product design for the new brand "PLOTTER" of Designphil. "PLOTTER" is a word that represents the "Planner, Organizer, and Imaginer”. We redefined the personal organizer, which has always been used for recording, into the ultimate analog tool, encouraging people to think of the future through their creativity.

By factoring out the functions of the personal organizer, designing the memo pad, diary, scale, white board as an item that can be used alone, we realized different purchase leads and user experiences than the original system notebooks. We aimed to capture a new position of the "ultimate analog tool that heightens creativity".


私たちは、デザインフィルの新ブランド「PLOTTER」のブランディングおよび商品デザインを行いました。「PLOTTER」は【計画する人、主催する人、構想する人】を表す言葉です。これまで記録ツールとして利用されてきたシステム手帳を、あらゆるクリエイティブワークを愉しみ、創造力によって未来を切り開く人たちの思考を促す「究極のアナログツール」と再定義しました。

そして、システム手帳の機能を因数分解し、メモパッド、ダイアリー、スケール、ホワイトボードなどを単体で使用できるアイテムとしてデザインすることで、従来のシステム手帳とは異なる購買導線やユーザーエクスペリエンスを実現し、「創造性を高めるための、究極のアナログツールブランド」という新たなポジションを獲得することを目指しました。









​​​​​​​










This product can be carried around like a notebook, where pages of a 6-hole note pad or a refill note pad can be used separately as necessary, along with a whiteboard pad that can open up to an A4 size, perfect for meetings. All of these items can be used alone to easily edit information and use the tools, by inserting them into the binder as needed.

ノートのように持ち歩くことができ、必要なページだけ切り離せる6穴ノートパッドやリフィルメモパッド、A4サイズに広がり、手描きでブレストができるホワイトボードパッド。これらはすべて単体でも利用可能で、必要に応じてバインダーに挟み込むことによって、情報やツールを自由に編集することが可能です。










For PLOTTER's original ballpoint pens and mechanical pencils, we went back to the origin of the writing instrument, and faced the purpose of the pen to "draw a line exactly as wanted".

The knurling process, which is usually partially applied to the pen, was designed to be a part of the entire pen. Simultaneously, the center of gravity of the pen was placed towards the tip, producing the best grip corresponding to any way when held. Writing with the highest ease was achieved. In addition, the thin clip was designed to not only easily insert into a leather pen holder, but to also bind thick documents together, designed to fit like an accessory when placed in the chest pocket of a suit.


PLOTTERオリジナルのボールペンとシャープペンでは、筆記用具の原点に立ち返り、「思い通りに線を引く」という目的と真摯に向き合いました。

通常であれば部分的に施されるローレット加工をペン全体に対して行い、同時にペン先に重心を置いた設計にすることによって、あらゆる持ち方に対応する最高のグリップ感と、最適な重心バランスを両立。思い通りの線が描ける最高の書きやすさを実現しました。また、薄型仕様のクリップは、革製のペンホルダーに挿しこみやすいだけでなく、厚手の書類を綴じることもでき、さらにスーツの胸ポケットに入れた時もアクセサリーのように馴染むデザインになっています。










At PLOTTER, the typography and materials hold the same atmosphere as the days of the 15th century when typographic printing rose in popularity, triggering mass production. The mid-century era was when analog tools attracted the most people. We authentically conveyed the fundamental attractiveness of analog tools, and have been particular about designs that stimulate the aesthetics of system organizers for stationery lovers.

PLOTTERでは、ノートが大量生産されるきっかけともなった活版印刷が台頭した15世紀当時と、アナログツールが最も人々を魅了していたミッドセンチュリーの時代の空気感を併せ持つ佇まいを、タイポグラフィや素材使いなどで表現しています。アナログツールの根源的な魅力をオーセンティックに伝え、システム手帳やステーショナリー愛好家たちの美意識を刺激するデザインにこだわりました。










now:
Tools stimulating creativity grow popular.​​​​​​​
now:
創造性を刺激する道具たちがヒット商品に










PLOTTER has changed the purchasing experience of personal organizers, making it possible to bring the product out of the conventional personal organizer sales section. This achieved approximately 70% of the annual sales target with pre-order alone. It is now one of the top selling personal organizer brands within Japan. Developing a full range of analog tools that encourage thinking beyond the framework of the personal organizers, we continue to expand our lineup as a brand that stays true to PLOTTER users.

システム手帳の購買体験を変え、従来のシステム手帳売場の外に商品を持ち出すことを可能にしたPLOTTERは、事前の予約注文だけで年間売上目標のおよそ7割を達成し、いま最も売れている文房具の一つとして定着しました。システム手帳ブランドという枠を超えて、革製品やペンなど思考を促すあらゆるツールへと商品ラインナップを広げているPLOTTERは、人間の創造性を応援する総合的なアナログツールの世界ブランドを目指しています。









​​​​​​​
Awards:
DFA Design for Asia Awards (MERIT) (2018)
Good Design Award (2019)

what:

when:
2017
where:
Tokyo, Japan
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Toshiyuki Nakaie, Andraditya D.R.)
Product Designer (Ballpoint pen and Mechanical pencil)
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Daichi Komatsu) & DESIGNPHIL​​​​​​​
Client
DESIGNPHIL
Photo
Kaoru Yamada​​​​​​

who:
social design by evolution thinking​​​​​​​​​​​​​​
 
Check out more of our work on:​​​​​​​
PLOTTER
2,799
37,434
103
Published:

PLOTTER

The branding of the stationary that stands in the center of organizer notebooks, created in collaboration with Designphil, who has many fans from Read More
2,799
37,434
103
Published:

Tools