■TABLE[light reception] at STRATO FOTOGRAFICO 2016「写真の地層展 vol.18」
» http://tanakasoushi.net/works/strato_fotografico_2016_18.php

□PLACE
東京都世田谷区砧公園 1-2
» 世田谷美術館区民ギャラリーB室

□期間
2016/7/6(水)-10(日)
開場時間:10:00~18:00 入館は17:30までに。最終日は17:00まで

□STATEMENT
「写真の地層展」は作家達が個々の作業を持ち寄り、あらかじめの決めごとなく、
同時進行で会場を作品で埋めて行くという方法で展示します。
空間をその場で作って行くインスタレーションのような展示で毎回、どのようになって行くか、それが楽しみです。
2000年から始め、もう18回を迎えました。

今回は、阿部棟也、阿部尊美、青木陽、福田タケシ、船木菜穂子、古軸泉、ほり けいし、加地豊、小峰倫明、kon、
桑原敏郎、松本晃弘、三橋郁夫、森敏明、本橋松二、中島麻未、西山方康、大倉将則、大山裕、櫻井清史、桜井里香、
佐々木邦彦、笹谷弘、田口芳正、田中菜穂子、田中崇嗣、寺田忍の27名で行います。
御高覧のほど宜しくお願い致します。
(text by 桑原敏郎) 

=================================================

◇TABLEについて
プログラミング思考で制作した作品です。
カメラの機能とデータベースの考え方を組み合わせました。
最初に制作した[default]は三脚の雲台にふられている目盛り(936点)を撮影ポイントとし、 露出・シャッタースピード・ピントはオートです。
テーブルとは各カットにおいてシャッターが切れる瞬間をカメラが選択をした設定(データタイプ)が 収められた表を意味しています。
以降のテーブルではこれらを共通項目とし、その上にパラメーターを追加し制作します。
2作目の[illuminate]は人の目では認識する事が難しい暗闇の中でストロボ撮影を行ったデータが格納されています。
3作目の[light reception]はイメージを定着させる根源である光だけのデータを採集するために、 夜間にNDフィルタを装着し撮影を行ったデータが格納されています。
4作目の[period 00:01:32]は1日の秒数86400秒を本作品のカット数936点で割った92秒のインターバルタイマーで 制作されています。
1カット目から撮影を開始し、最終の936カット目で24時間が経過します。 

» TABLE[period 00:01:32]
» TABLE[light reception] at STRATO FOTOGRAFICO 2016「写真の地層展 vol.18」
» TABLE[illuminate]
» TABLE at STRATO FOTOGRAFICO 2015「写真の地層展 vol.17」 

-------------------------------------------------------------------------------------------

◇about TABLE
TABLE is a set of works using programing as a concept.
In this work, I combined the function of camera and the concept of a database concept together.
In the first work, [default], each photo in the table was taken at 936 graduations of tripod head, which were set as shooting points.
Exposure, shatter speed and pint were set as automatic. 
The title, ‘TABLE’ indicates the tables which contain settings (data types) chosen by the camera as the point of releasing shatters in each cut.
Using them as common settings, in subsequent TABLEs, I added new parameters to them. In the second work, [illuminate], data pertaining to the flash shooting in the dark are stored. 
In the third work, [light reception], I took shots at night using the ND filter to collect data including only lights, which has a vital role in embedding images in photographs. 
The fourth work, [period 00:01:32] was made using an interval timer of 92 seconds, the number which comes out when dividing 86400 seconds, the number of seconds in a day, by 936, the number of cuts in this work. Starting from the first cut, shooting was set to end after 24 hours, at the last 936 th cut. 

» TABLE[period 00:01:32]
» TABLE[light reception] at STRATO FOTOGRAFICO 2016「写真の地層展 vol.18」
» TABLE[illuminate]
» TABLE at STRATO FOTOGRAFICO 2015「写真の地層展 vol.17」 

-------------------------------------------------------------------------------------------

» http://www.fukudatakeshi.com/STRATOFOTOGRAFICO/about.html
» STRATO FOTOGRAFICO 2016「写真の地層展 vol.18」(FaceBook)