amijok was opened in Matsumoto-shi six years ago. Now people in this town love this cafe, in addition to that, it already became one of the representative of cafe which tourists absolutely want to visit. Particularly, coffee and muffin of the cafe are popular amongst the customer and they enjoy to eat in or take away. This year I asked my advice as to how it should advance to the future and we decided that it should appeal its leading and popular menu “coffee and muffin” every way with confidence. I designed POP tools for using at the cafe and when it opens a stall store for some events, with so simple illustrations and catch phrases “coffee and muffin amijok” “coffee is about amijok” “muffin in about amijok” to permanently fix them in customers’ minds.

カフェ「amijok」が、松本にオープンして、6年。松本に暮らす人たちにとってはもちろんのこと、観光でこの町を訪ねる多くの人たちにとっても、「amijok」は必ず立ち寄りたいカフェの代表格のひとつとなっている。オープン当初からの看板商品であるマフィンとコーヒーは、イートインだけでなく、テイクアウトする客も多い。近年のめまぐるしい町の変化のなかで、また、これまでの店舗経営から、もう一段間ステップアップするべく、この看板商品を自信をもって伝えることによって、店舗のPRをしてゆきたいという相談を受けた。制作したのは、大きく2つ、実店舗で使用するPOPツールと、イベントや催事への出店時に使用するPOPツール。利用者にとってはすでに認知度の高い「amijokのマフィンとコーヒー」を、シンプルなイラストとストレートな言葉で、より明確に伝えるデザインを、各ツールに配した。