Add to Collection
About

About

Composting is tried and tested method of recycling organic waste, but it can also keep us warm. Heat is a byproduct of microbial breakdown of org… Read More
Composting is tried and tested method of recycling organic waste, but it can also keep us warm. Heat is a byproduct of microbial breakdown of organic material. A healthy heap can reach temperatures in excess of 50C (120F). Capturing this energy is a sustainable method of heating small spaces like the tea houses found in traditional Japanese gardens. Large specially shaped hoppers are arrayed in a ring, forming the enclosure. The space within is capped with a transparent ETFE dome that admits daylight. Garden waste, food scraps or other compostable materials are inserted through a door at the top of each bin. Air is circulated through sealed ducts that pass from bin to bin. As the air circulates within the walls, it is warmed by the decaying compost. A central vent emits the warm air into the interior. Occupants sit upon a circular bench surrounding the heat source. Although snug, the tea house is welcome place to sip hot green tea and relax after a walking or working in the garden. A steady supply of rich organic compost is extracted from a door at the bottom of each bin. It fertilizes new vegetation that will eventually become fuel for the next cold season. The concept will is suited to large urban parks, community garden, or even serving as an outdoor cafe – anywhere that generates a continuous supply of organic waste for fuel. コンポルー コンポストとはオーガニック(有機)ゴミを堆肥へとリサイクルする生ごみ堆肥化容器のことである。生ゴミを分解する過程で生じる熱を利用して、人々が集まって暖をとれるコミュニティー空間を創れるのでは、というコンセプトの元にこのプロジェクトはディベロップされた。 発生される熱は、50度にも達することがある。 伝統的な日本庭園に見られる小さな茶室をヒントに、コンポルーを広場や公園や畑に設置し、地域の住民達が集まり、公園の落ち葉を集めたり等の清掃をした後に、暖を取りながらコミュニケーションが図れるエコロジーな茶室でサステイナブル活動を実際に体験できる場とするのが、このプロジェクトのコンセプトである。 落ち葉や畑からの有機ゴミが、コンポスト上部の扉から投入される。分解された有機ゴミは堆肥となり、コンポストの下の引き出しから取り出せる。この堆肥を公園のガーデンや畑に使用し、植物や野菜を育てることが可能である。 個々のコンポストが繋がりあって、ドーム状の茶室が形成される。コンポスト内で発生した熱は、ダクトパイプを通して各々のコンポストビン内を廻り、茶室を壁から暖める。 最後に、茶室中心のティーテーブルから温風が茶室内に噴出される仕組みになっている。又、壁沿いに設置されたベンチも温風で暖められて、訪れた人が座ることによって身の芯から温まることができる。 天井は透明なETFEのドーム屋根で、日光を茶室の中に取り込む役割を果たしている。茶室の中から、青空や夜空を楽しめることもできる。 散歩がてらにした公園清掃や畑仕事の後に、ゆっくりと体を温めリラックスしてお茶と会話が楽しめる茶室は、地域活動の中心地ともなりうる。 有機ゴミ処理、堆肥製造、地域住民の地域活動のコミュニティーの場として役立つ一石三鳥のコンポルーは、モダン茶室として地域の公園やコミュニティーガーデン又は畑に設置される。 Read Less
Published: