Add to Collection
About

About

Matsudo Canalside Matsudo, Japan 2011 Matsudo is a bedroom community on Tokyo's eastern fringe. The entertainment district, centered around the … Read More
Matsudo Canalside Matsudo, Japan 2011 Matsudo is a bedroom community on Tokyo's eastern fringe. The entertainment district, centered around the main train station, is an aging cluster of hostess bars and pachinko parlors. The cash-strapped municipality is seeking to reform its image by revitalizing key areas outside the central business district. The city is crisscrossed by several canals, but these waterways lack lively cafes, bars, and shops that give character to the canals of Amsterdam, Venice, or even Kyoto. We were asked to design low-cost shelters to can be leased to local entrepreneurs who wish to start small izakaya (bars), cafes, and shops. It will be located at the intersection of one of the main avenue's and a central canal beneath a prominent telecommunications aerial. These low-cost units' arched roofs are formed by curving cellular polycarbonate sheets onto a bent timber frame. The translucent covering provides plenty of daylight for growing plants inside and at night they will glow with nightlife within. Light can spill onto the new canalside path lined by outdoor seating beneath cherry trees. The profile of these gothic arches with their colorful traditional noren (entrance curtains) will create a recognizable symbol for Matsudo's revitalization initiative. マツドカナルサイド 松戸は、東京の東側のベッドタウンである。駅周辺は、ありきたりな商業施設やパチンコパーラーやホステスバーで賑わっている。しかし、駅前を少し離れると、長年松戸に住み続けている地元の方々の小さな商店やレストランや居酒屋等が点在する。松戸発展の課題は、いかに、松戸の商業をより地元住民の手に戻し、地元の人達が活動できる場を創り、地元ブランドを確立する事によって、街のイメージを変えていくことである。 東京都と埼玉県と千葉県の境である、江戸川に流れ着く水路がいくつかあり、魚や鴨などの鳥達が地元民の目を楽しませている。目黒、京都、アムステルダムやベニスなどのカナル周辺に商業施設が集まり、賑わっている都市をヒントに、その川岸をより魅力的にして、皆が集まる場所に発展させて、新しい商業の中心地を確立するアイディアが生まれた。 ショップやカフェ・バーや居酒屋等を運営したいという起業家の人達の為に、ローコストで簡易に組み立て解体ができる、屋台をデザインした。この屋台郡は、松戸に点在する水路の通りの脇に設置される。 アーチ型のティンバーフレーム構造にポリカーボネート材を覆った、尖り帽子のかまくらのような屋台は、水路脇に一列に並んで訪問者を迎える。ポリカーボネート材は採光が可能なので、日中は明るい日差しを室内に入れられ、明るくゆったりとした空間がビジターを和ませる。夏は、外にテラス席を設けて、アウトドアーダイニングを楽しむ事ができる。桜や植物を植える事によって、お花見等のイベントを催して、より多くの訪問者を魅了する事も可能である。 各々の屋台は、様々な高さやアーチの角度のデザインによって、統一感を出しながら個性的さを残し、様々な鮮やかな色の暖簾を掲げて、カラフルな街並を造り出している。インターナショナルで多様な人達が住んでいる松戸を象徴した、新しいシンボルとなるカナルサイドとなる事間違いなしである。 Read Less
Published: