why:
Has the ancient herbal culture vanished  from our modern lifestyle?
why:
古くから伝わる薬草文化は、現代の生活から消え去ってしまうのか?













It is said that Japan has more than 300 kinds of medicinal herbs. They have taken root in life of over 1000 years ago. Japanese people have realized the treatment and prevention of diseases, maintenance and prevention of health, by taking these herbs. The efficacy of herbal medicines, have been systemized through for example Chinese traditional medical science and herbalism, and Japanese Kanpo medical science (Sino-Japanese traditional medicine). In recent years, a movement to review traditional medicines such as oriental medical science has accelerated, which resulted in greater attention to herbal medicines that spread worldwide.

日本には、300種類以上の薬草があると言われています。これらは、1000以上前から各地の暮らしに根付き、日本人は薬草を取り入れることで、疾患の治療、病気の予防、健康の維持・向上を実現してきました。薬草の効能は、中国伝統の医学や本草学、日本の漢方医学などによって体系化されており、近年は東洋医学をはじめとする伝統医学を見直す動きが加速し、薬草を原料とした生薬、漢方薬への注目も世界的に高まっています。しかし、法規制によって薬品の効果効能を明記できない現代の日本においては、薬草という言葉が使われる機会は減り、薬草農家の多さにもかかわらず、薬草やその生産者と、消費者に距離が生まれているのが現状です。果たして、日本に古くから伝わる暮らしの知恵である薬草文化は、このまま現代の生活から消え去ってしまって良いのでしょうか。
















how:
A timeless traditional tea brand that connects local herb farmers and consumers across the country.
how:
各地の薬草農家と全国の消費者をつなぐ、タイムレスな伝統茶ブランド















We branded and designed the packaging for traditional tea brand {tabel}, using plants that have long grown as medicinal plants in Japan. {tabel} derived from the words “supplying, obtaining” (in Japanese: TABu, ELu) power from plants, produces raw materials such as conventional herbs that are grown in Japan together with local producers of wild grass tea - a brand connecting nationwide with its’ consumers. The package is designed to reminisce timeless plant specimens to convey the power of herbs that is wisdom of traditional life within in modern lifestyles. In addition, teas such as “Kirishima’s Hatomugi tea and Kakidoshi tea” and “Traditional Japanese lotus leaf tea from Yatsushiro” always include the production area and plant name, to share thoroughly from the wisdom of living according to local nature, to also creation and climate  information.

日本に古くから薬草として生えている植物を使った伝統茶のブランド{tabel}のブランディングおよびパッケージデザインを行いました。植物の力を「給ぶ、得る。」ことに由来する{tabel}は、日本各地で育てられた在来の薬草、ハーブなどの原料を、現地の生産者らとともに野草茶に仕上げ、全国の消費者とつないでいくブランドです。伝統的な暮らしの知恵であり、現代の生活にも変わらず活かすことができる薬草の力を伝えるために、パッケージは、タイムレスな植物標本を思わせるデザインになっています。また、「霧島のカキドオシとハトムギ茶」「八代の日本古来のはすの葉茶」など、商品名には必ず産地と植物名を入れることで、ローカルの自然に即した生きる知恵や、作り手・風土の魅力を伝えていくことを徹底しています。




















By paying tribute to Karl Blossfeldt, a photographer known for capturing natural beauty in plants, photographer Lyie Nitta who also represents the brand, photographed medicinal herbs like a specimen pictorial book, expressing the brand concept of “health learning”, “ancient herbs” and “organic”. In addition, by using “Plantain”, a typeface that holds a classic skeleton is used, to express a plant specimen look.

植物本来の美しさを捉える写真家として知られるカール・ブロスフェルト氏にオマージュを捧げ、写真家でもあるブランドの代表・新田理恵さんが、薬草を標本図鑑のような写真に収めることで、「古来の薬草」「健康の学び」「オーガニック」といったブランドコンセプトを表現しました。また、書体においてもクラシックな骨格を持つ「プランタン」を用いることで、植物標本らしさを演出しています。


now:
Aim to solve various social issues as a leader of modern herbal culture.
now:
現代の薬草カルチャーの牽引者として、さまざまな社会課題の解決を目指す


















{tabel} has won numerous business contests and design awards, that has attracted a lot of attention from the media, the has resulted in expanding sales channels right across the country. In addition, representative Lyie Nitta has been actively holding workshops in various places, now recognized as the centre of herbal culture. Furthermore, we are contributing to the creation of new industries and jobs in the region through collaboration with local governments. The spread of herbal culture will also lead to the spread of medicines to prevent diseases in Japan, where the possibilities are currently immeasurable. We hope this brand will grow contributing to solve future social problems.

{tabel}は、数々のビジネスコンテストやデザインアワードを獲得し、メディアにも多数取り上げられるなど各方面から注目を集め、全国各地に販路を拡大しています。また、代表の新田理恵さんが各地でワークショップなどを積極的に開催し、いまでは盛り上がりつつある薬草カルチャーの中心的存在として認知されるようになっています。さらに、企業とのコラボレーションや地方自治体との連携などの取り組みによって、地域に新たな産業や雇用を生み出すことにも貢献しています。薬草文化が浸透していくことは、日本に予防医学が広がることにもつながり、その可能性は計り知れません。今後もさまざまな社会課題の解決に寄与しながら、ブランドが成長していくことを私たちは願っています。

















what:
{tabel}
when:
2015
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Client
{tabel}
Photo
NOSIGNER (Lyie Nitta)


​​​​​​​



NOSIGNER™ : social design for evolution.

Check out more of our work on:






Thank you for watching!
{tabel}
1026
11050
37
Published:

{tabel}

NOSIGNER designed packages for {tabel}, a brand to introduce Japanese original herbs and wisdom of living. The package is illustrated with each d Read More
1026
11050
37
Published:

Tools

Creative Fields