Yuki Tsukano's profile

飲料用自動販売機―その生態 / Beverage vending machines

東京都新宿区内藤町1丁目11番
東京都新宿区新宿3丁目26番7号
神奈川県厚木市中町2丁目1番2号
 
神奈川県厚木市旭町1丁目4番
東京都新宿区富久町18番5号
東京都新宿区西新宿5丁目13番1号
東京都新宿区新宿2丁目11番4号
東京都港区南青山2丁目26番34号
神奈川県相模原市津久井町太井1293番1号
日本全国どこにでもある自動販売機。
街角の自販機から駅の券売機、果てはプリクラなども合わせると
約526万台(2008年末)もの普及台数を数える。
その中でも飲料用自動販売機は約259万台と全体の50%近くを
占め、街のあらゆる隙間を埋めるように至るところに生息している。
真夏の日差しの下ではキンキンに冷えたジュースで。真冬の寒空
の下では体の芯まで温まるホットコーヒーで。春夏秋冬、24時間
休むことなく働き続け、我々をもてなしてくれる。
そんな飲料用自動販売機たちの生態を周辺の環境と共に記録した。
 
Automatic vending machines located anywhere in Japan.
From the vending machine of the streets of the station ticket vending machines, combined well as on top of that photo booth
About 5,260,000 units (end of 2008) count the ones spread number.
Beverage vending machine Among them, nearly 50% of the total and about 2.59 million units
Accounting, is inhabited everywhere to fill all the gaps in the city.
In juice cold under the midsummer sun. Of midwinter cold
Down in the hot coffee to warm to the core of the body. Spring, Summer, Fall, Winter ..., 24 hours
Us work continues, we hospitality without rest.
The ecology of such a beverage vending machine who was recorded together with the surrounding environment.
飲料用自動販売機―その生態 / Beverage vending machines
Published:

Owner

飲料用自動販売機―その生態 / Beverage vending machines

Approaching the ecology of the beverage vending machines

Published: