私たちは日々生産と消費を繰り返して生きている。商品たちはその流れに乗るあいだ。
段ボール箱に入れられて消費の中心地たるスーパーマーケットで管理(=supervision)されている。
1960年代、その風景をあるがままに切り取り美術館に飾るポップアートが生まれた。
ポップの目を持っていれば、様々なパッケージが並ぶスーパーマーケットと美術館、この二つの“箱”は何ら変わらない。
ポップアートから50年経った今、反対にポップアートを持ち込んだスーパーマーケットを提案し、ポスターを制作した。
(展示キャプションより)
We are living while repeating consumption and production.
Products are put in the cardboard boxes while riding on the flow.
Pop art was born in the 1960s.
It cut out the scene and exhibited in the gallery.
If you have a outlook of pop, there's no difference between supermarket and art gallery.
I'm going to suggest a supermarket that accept Pop Art conversely.
And I created this works.

(from exhibition caption)
SUPERVISION MARKET
11
403
0
Published:

SUPERVISION MARKET

A graduation work of Sapporo Otani Junior College. the posters for a fictious supermarket that was named "SUPERVISION MARKET" three-dimensional Read More
11
403
0
Published: