U R B A N C A G E

都市鳥籠
a mobile portable speaker that charges your smartphone and tablet



-- concept --


As modern life distances itself from the natural environment and gradually merges closer with technology, electronic devices such as mobile phones and tablets find ways to accompany us for up-to 24 hours – like a form of an intimate partner or a family pet. As a response to this social phenomenon, taiwanese industrial designer Yi-Ting Chen created a series of smartphone and tablet docks that take form as a minimal bird cage. Built using steel and a selection of hardwood, ‘ URBANCAGE’ also serves as portable speaker that according to chen, ‘mimics the elegant movements and the sound of birds, a symbol that highlights the status of fine cage breeders.’ The delicate docks also feature bluetooth connectivity, allowing users to connect to the speaker system when not in use.

現代人的生活遠離自然環境而與科技產品逐漸合而為一,手機如同親密夥伴般二十四小時陪伴身旁,像是親密夥伴或寵物的形態融入生活,人們希望藉由無遠佛屆的網路與他人產生互動與聯繫,但科技便利性卻減少人們最需要的真誠對待與互動關懷。

以前鳥籠有兩種目的,其一是觀賞用途,展現鳥類優雅的姿態與悅耳叫聲;其二是社會象徵,以精美的鳥籠凸顯飼養者的身份地位,但潛藏於人內心深處的誘因卻是某種與他人緊密聯繫的依賴感。都市鳥籠利用現代社會氾濫的手機現象與過去飼養鳥類的行為作對比,重現變遷社會裡對於某種純真回憶的想像。

透過握持鳥籠的動作與擺放模式,讓手機或平板像是都市人專屬的籠中鳥,與習慣、環境結合成新的生活模式,並在靜置時透過App技術讓電子鳥與人產生純真的互動聯繫。



現代人の生活は自然環境から離れる一方、ハイテク製品から離れなくなっている。携帯は24時間も身に離れず、パートナーやペットのように生活の一部と化している。人はインターネットに通じて他人との交流と繋がりを期待するが、科技の便利性は人々を真心の交流及び相互の関心から切り離れていく。
昔では、鳥かごは二つの役目を負う。一つは観賞用途、鳥類の雅のある姿と凛々しい声を展示するため。もう一つは、精巧の鳥かごを通じて所持者の身分、地位を表示するため。しかしながら、これらはすべて人の心の奥に潜めた、他人との繋がりという希望によるものである。都市の鳥かごは現代の携帯文化と過去の鳥類の飼育行為を対比として、変遷する社会の自然回帰へのイメージを再現する。
鳥かごと移動式携帯用スピーカーと結合し、鳥かごを持つ又は飾りとして装飾することで、携帯又はタブレットを人々に専属するかごの鳥として、習慣と環境と新たなライフスタイルを創造するだけでなく、App技術を通じて電子の鳥と人との繋がりを結ぶことを目標としている。


Industrial Design / 產品設計:Yi-Ting Chen
Photographer / 攝影:Chang Chieh                        
Illustration / 插畫:Ya shin
Animation / 動畫製作:Chao-Hao Yang
App Designer / App程式設計:Hung-Chi Lee
UrbanCage 都市鳥籠
116
3,284
6
Published:

UrbanCage 都市鳥籠

9/8~9/29 台灣設計展 松山菸廠 產品設計:Yi-Ting Chen 攝影:Chang Chieh 插畫:Ya shin 動畫製作:Chao-Hao Yang App程式設計:Hung-Chi Lee
116
3,284
6
Published: