user's avatar
ガラス骨壷位牌 しずく
Buddhist Mortuary Tablet / Urn "SHIZUKU"
date. Sep 2020
project No. 00103
category. Object Design Works

Urushi Lacquered Chamber Floating in Crystal Glass Mass

"Shizuku" is a small Buddhist mortuary tablet / urn with the chamber lacquered inside. This item is used as a  Buddhist mortuary urn for enshrining bones and Buddhist mortuary tablet too. I designed it as new Buddhist product for the organization 'nanaplus' in the Hikone, Shiga prefecture, that is one of the representative production areas of Japanese Buddhist altars.
The Natural Urushi lacquerwork is coated by Hikone's artisans, which aterier has been in work for over 100 years. Urushi lacquering is one of the best finishes in Japanese culture.  There are standard colors black and red, and special purple colors. Same as traditional Buddhist altars, each one is carefully hand-painted and slowly hardened in the dedicated lacquer drying room to finish.
The mass in a crystal glass with high transparency and refractive index, brings profoundness and majesty. And lacquered volume floating in the transparent glass gently wraps the bones and memories.

漆が浮遊するクリスタルガラスの骨壷位牌

「しずく」はガラスの内側に天然漆を塗った小さな骨壷位牌です。内側にお骨や思い出の品を入れてお祀りするだけではなく、そのまま単独で位牌としてもお祀りいただけます。
ガラスは透明度と屈折率が高く、重量感のあるクリスタルガラス。透き通った水の結晶のような輝きが、重厚さに清廉さを添えています。
髹漆は創業100年を超える彦根の漆塗り師。透き通った結晶のようなガラスの中に浮遊する天然漆が遺骨や思い出を優しく包みます。標準的な黒漆と朱漆に加え、紫の色漆を揃えました。伝統的な高級仏壇と同じように、ひとつひとつ丁寧に手で塗り上げ、室でゆっくりと乾かして仕上げています。
新素材の位牌の場合、常に課題となるのは文字彫りです。通常の産地では文字を彫れないため、実はガラス位牌はかなり難度があります。しかし彦根にはガラスに金文字を彫る技術があり、長年に渡ってガラス位牌を扱ってきた実績もありました。「しずく」は経験豊富な彦根仏壇 柒+(nanaplus)だからこそ漆とガラスを掛け合わせることができた、独創的なガラス骨壷位牌です。

project title
ガラス骨壷位牌 しずく
date
Sep 2020
project No.
00103
program
Object Design
size
W54 × H90 × D54mm 
material
クリスタルガラス,漆,天然木、シリコン
design
乾 陽亮
photo
梅田 彩華
client
彦根仏壇 柒+(nanaplus)
URL
ガラス骨壷位牌 しずく
1
18
0
Published:

ガラス骨壷位牌 しずく

1
18
0
Published: