• いつもそこには妻・陽子と、愛猫チロがいた……さまざまな愛を刻んできた荒木家バルコニー。1983から2011まで、30年の愛と死を記録した、感動の写真集。あとがき対談:水原希子